Fairy* natural handmade
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子宮筋腫の手術~今だから言える事~
こんにちは。
atelier Fairy*の中島です。

突然ですが、私、4月に子宮筋腫の手術を受けました。

今日、このテーマで書かせていただく気になったのは、とても良いお医者様に出会い、子宮を全摘せずに済んだ経験が、この病気で不安になっていらっしゃる患者さんの1人にでも参考にしていだけるのならと思いたったからです。


fb812.jpg



症状が出たのは、昨年12月。
以前から月経過多ではあったのですが、それほど気にならない程度だったので放置していた私。

しかし、12月は過多である上にいつまで経っても生理が終わる気配がなく、流石に心配になった私は、地元の個人病院へ。

すぐにエコーで3個の筋腫がある事が判明。

ご存知の方も多いと思いますが、子宮筋腫という病気は5人に1人は筋腫持ちと言われる程よくある病気なんですよ

ただ筋腫のできる場所によっては生理過多、貧血などの症状を引き起こす事があり、その場合は対策が必要となる訳です。


地元の病院では、

「全摘出かホルモン治療か、どちらか」
「ホルモン治療も通院や副作用やら大変だから...子供も産み終わったし、その年なら取ったら?」
「次までに考えてきてね」

「...」

このやりとり、先生にとってはよくある事、でも私にとってはかなりショックな内容だったんです。
地元で評判の先生だったのですが、ノミの心臓の私にはあいませんでした

何とも言えない心情でした。

「もう子供を産まないんだからいらないんじゃないの?」
特にこの考え方がどうしても納得いかず、先生との信頼関係は初回で崩れ去りました。



phana251_250px.jpg


それから、信頼できるお医者さん探しをはじめました。
友人に聞いたりインターネットで探したり。。。

そして、神戸に子宮鏡手術(切らずに内視鏡で取る手術)をしてくれる先生がいる事を知り、早速病院へ行きました


佐野病院 婦人科 井上滋夫先生


この先生に全摘と言われたら潔く手術を受けようと決意し、診察していただいた結果、子宮鏡手術30分で取れるタイプの筋腫である事が判明、手術を受ける事になったんです。


入院は3日。
手術後の痛みはまったく無く、手術の翌日には退院する事が出来ました。

入院中、同室の同じ病気の患者さんと情報交換♪

先生の所へは、日本全国、遠くは外国から手術に来られるという事を知りました。
そして同じ手術でも、技術が未熟で全部取りきれない病院が存在する事も。


今、出血もうそのようになくなり快適に過ごしています

神戸の病院は、手術も含めて計6回の来院で完治。
私の場合、年齢的にも再発して再手術という可能性はほとんどないそうで本当にラッキーでした。


この経験で学んだ事。

「セカンドオピニオンは重要」という事。

「全摘かホルモン治療かどちらか」
というのは

この病院では「全摘かホルモン治療どちらか」という意味だったんですね。


あきらめずに足で探すという事の大切さ、お医者さんとの信頼関係の大切さ、病院によって保持する技術に違いがあるという事実、改めて気付かされました。


もし、大きな手術を受けなければならないと知った時、すっきりしないのならセカンドオピニオン、お奨めします。
大切な人や自分のために。



aco


206.gif


今日も、ぽちぽちっとクリック応援☆ありがとうございます(*u.u*)

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村



Fairy*花教室・プリザーブドフラワーの会
uchi*hana家NetLesson


FlowerAtelier Fairy*
HP

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffairy.blog115.fc2.com/tb.php/342-3d56bc65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。