Fairy* natural handmade
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川瀬敏郎さんの本
前から欲しかった本が届きました



花に習う (別冊太陽)

cafe1681blog.jpg



hanakoは花人、川瀬敏郎さんをとても尊敬しています。
はじめて花に出会ったのは、5年ほど前になるでしょうか。

なんでもない楚々としたお花なのに、花が語りかけているような優しさと、心が清められるような切れ味の鋭さをもちあわせた川瀬さんの花に衝撃をうけたのを覚えています。

今回久しぶりに出版されたこの本は、型から解き放たれた花=なげいれを「花に習う」、「器に習う」、「場に習う」と3部構成で紹介されています。

話は少しそれますが、最近気づいた事は、なぜhanakoがパリの花に魅力を感じていたのか、という事
最近はライフスタイルまで全てフランス人になりきっている人をお見かけしますが、どうしてそこまでフランス人を演じられるのか素朴に疑問を感じてしまいます
DNAは日本人なのに違和感はないのかな、なんて。
前世がフランス人なのかな(笑)

憧れるのはわかるのですが、どうして日本人の私がパリなのか?
これが不思議でなりませんでした。

ですが最近読んだ芸術の本で、ようやくわかりました。
その昔、世界の文化が最も成熟した時代、アールヌーボー、アールデコの時代の素晴らしい芸術はジャポニズム=日本趣味すなわち日本美術から始まったという事実。
絵に限らず花もその影響を受けていて、その流れをくむ逆輸入されたパリの花に現代の私は反応していたんだという事。
もとを正せば日本だったのです。
なんだ、私はやっぱり日本人だったんだ!と嬉しくなりました。
パリの花に惹かれるほどに、結構悩んでたのに


そして、今回この「花に習う」という本を読んでこんな事がわかりました。

hanakoは流派の生け花をしていた経験があるのですが、なんだかしっくりこないもどかしさを感じていました。日本人なのになんで?と。

日本の花は本来「たてはな=型をもつ花」と「なげいれ=決まり事のない自由な花」から成り立っているものだそうです。

しかし江戸時代中期からの流派いけばなは自由ななげいれに、たてはなから変容した立花を取り入れて様式化させたもの。
ここで日本の花は本来の形から離れてしまったんですね。
そういえば、hanakoは茶花が昔から好きだったな~、単なる好みかと思っていたけど
だからしっくりこなかったのかと妙に納得してスッキリしました。

解釈は色々あると思いますが、hanakoは川瀬さんを信じます
自分が感じていた感覚とこの本の解説はとてもストレートに納得がいくから。


私の好きな方、ライフクリエーターの青柳啓子さん。
フレンチスタイルのカリスマ主婦としてご活躍ですが、私はこの人も大好きです。
フランスのものをごっそりそのまま取り入れるのではなく、ナチュラルテイストにちりばめられている、でも和の心は忘れていない、そんなバランス感覚が素晴らしいです。

日本の心を真に好きなテイストを自分なりにかみ砕くこと、大事だと思います。


なんだかしっくりこないと10年来思ってきた事が、2つも解決して晴々のhanakoでした。
やはり日々勉強ですね
今日はなんだかむずかしくなちゃっいましたが、とても大切な事に気づいたので、ついつい熱弁してしちゃいました

とにかくこの本はとても内容の濃い本です。
日本人として是非オススメいたします。
外国のフラワーアレンジメントも素敵だけど、やはり日本人である事を忘れてしまうのは、恥ずかしい事のように思います。
少なくとも花をしている日本人として、外国の方に日本の花はこうですという事を歴史や宗教性も含めて堂々と言えるようになりたいな。
そのような人に憧れるhanakoでしたマイメロディ



line1
 

今日も、ぽちぽちっとクリック応援☆ありがとうございます(*u.u*)

にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ 



"花の妖精の癒し"Flower Fairy* 
HP





テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
私もお花のブログをやっています。
hanakoさんのブログはとっても暖かみを感じます。
また遊びにこさせてください(*^_^*)
2008/02/01(金) 11:56:09 | URL | Yocco [ 編集]
Yococoさん

はじめましてe-51
嬉しいコメントをありがとうございます。
ブログって結構書く方も楽しいですよね♪
私も始めて半年程になりますが、すっかりライフワークになっていますe-68
hanakoもまた遊びにいかせてくださいね!
2008/02/01(金) 18:17:09 | URL | hanako [ 編集]
はじめまして♪
はじめまして♪
川瀬敏郎さん・私も尊敬する花人です。
元々、池坊をやってた私には、
投げ入れの凛とした花は、本当にこれ!これ!と思ったものでした。v-22

でも・・hanakoさんと同じように
最近は、パリスタイルに傾倒してるかな・・。
ちょっと・なぜかしら?って思ってた部分もあったので、その思いが氷解したようです。
ありがたい:言葉でした!v-238
今でも和室には生け花します。
川瀬さんのような・ストイックな入れ方ではないけれど、日本人として
生け花もやっててよかったな~と思いました。(^^♪
2008/02/09(土) 18:53:11 | URL | アルケミスト [ 編集]
アルケミストさん

はじめまして。

アルケミストさんも川瀬さんのファンなんですね♪

はじめて川瀬さんのファンにお会いしましたe-420
とってもうれしいです!!

私は小原流をしていました。
本当は川瀬先生に習いたいのですが、東京まで行く一歩がでませんe-263

ところで昔スピリチュアルつながりで「アルケミスト」という本を読んだ事がありますよe-267
この言葉をお使いになる方はあまりいらっしゃらないようなので、とても嬉しくなりました♪

これからもよろしくお願いいたします。e-419
hanakoも遊びに行かせていただきますね

2008/02/10(日) 11:27:10 | URL | hanako [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffairy.blog115.fc2.com/tb.php/62-4fa00fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。