Fairy* natural handmade
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フロールエバーコンテスト*結果発表報告
4月17日から20日まで行われた、第6回フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト、行って来ました~!!

残念ながら、入賞には至りませんでしたが、入選の記念プレートと賞品をいただいて昨夜10時頃大阪に帰ってきました。

大きなコンテストは初めての経験で、本当に色々と勉強になったり、考えさせられる事が沢山ありましたにこ




こちらhanakoの入選作品、初公開です!


GINZA1711blog.jpg

"GINZA modern girl"


写真では、よくわからないと思いますが、作品の下には、カピスプレートを400枚貼った、大理石風演出がしてあったり、ミラーにかかっているデンドロビウムは花心部分に電飾を入れる事により、フラワーライトとなっていて、他作品を見渡してみるとちょっと異色な作品オーラを放っていました(笑)

そのオーラに反応していただいたのか、横浜ディスプレイミュージアムの方に作品を気に入っていただき、一定期間横浜ディスプレイミュージアムにこのモダンガールを展示していただける事になりました。
本当に驚きです
ありがとうございます!

展示期間など、また詳細はブログやHPにて告知させていただきますのでお楽しみに♪


line59.gif



大賞のコロンビア賞は、若い男性が受賞され、日本的でシンプルな作品が印象的で素敵でした。
会場は、銀座のTASAKIで本当にhanakoには似合わない(笑)セレブな雰囲気で、作品もGINZAがテーマなだけあって、全体的にキラキラ、ゴージャスなものが本当に多かったです。

hanakoの近くに展示されていた方や、お声を掛けていただいた方などと沢山花友にさせていただき、本当に楽しいひとときを過ごさせていただきました。
表彰式では、入選記念のプレートをいただきましたよ♪

GINZA8111blog.jpg



line59.gif



今回のプリザーブドフラワーコンテストを通して感じた事は、プリザの世界は、より造形的、アート的になっていく流れなのだという事でした。
そればhanakoが目指すナチュラル、癒し、優しさとは方向性が違うものだという事に、少なからずショックを受けました。

色々な花の先生とお話しましたが、その中でも今はフレッシュは教えなくなったという方ばかりで、花を習おうとする方もより扱いやすいプリザを習いたい、生花はすぐ枯れるからという方が確実に増えているという現実があるようです。
hanakoは生花からきて、ここ3年ほどプリザをするようになったので、これには違和感を感じてしまいました。
これから花をしようとする若い方々が生花を知らずにプリザのみで花を勉強していく方が増えるという事、これはとても怖いような気がします。
これでは日本の花文化はどんどん落ちていってしまいます。

花は生きているもの。
そして、やがては自然に還っていくもの...
これはゆるぎない自然の法則です。

「永遠の花」「魔法の花」などという言葉でプリザを呼んでほしくないのです。
プリザは美しい花をひとときとどめた、美しい花をもうすこし眺めていたい、という人間のわがままをひととき聞いてくれる花なのであって、それに甘えてしまってはいけないと思うのです。

"花は散るからこそ美しい"それは人も生命に限りがあるからこそ、輝いて生きられるのと同じで、例外はないこの世の法則です。


どうか、これから花を勉強しようとする方には、プリザもいいですが生花をあわせて勉強していただきたい、心からそう願ってやみません。
生花を習わなくても、ガーデニングをしたり、野花をあしらったり・・・
それだけでも、花の植生や日々の変化、やがては枯れて自然に還っていく事が肌で感じる事が出来ます。
そうした事をふまえた上で、1つの素晴らしい花材としてプリザを扱っていただけるのが理想ではないでしょうか。





今回のフロールエバーコンテストで、hanakoの花友でブログ"プリザーブドフラワーのお仕事"のReikoさんとご一緒させていただき、作品見学やデモンストレーション、東京人気フローリスト巡りなど楽しいひとときを過ごさせていただきました。

今日はひとまずコンテストの結果報告という事で、また明日以降、Reikoさんと見てきた事を綴っていきたいと思います。
お楽しみにねマイメロディ



line59.gif


母の日にFlower Fairy*からのご提案は、2styleの母の日ギフト
よろしければご覧くださいね♪


母の日プリフラ*に手づくりせっけんorスイーツのギフトセットふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
by boncuk×cafeサンの森×Flower Fairy*





母の日 プリフラ*お花いっぱいアレンジメントギフトふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
by Flower Fairy*




お母様へのギフトに、是非ご検討くださいね。
from hanakoマイメロディ


line20.gif


今日も、ぽちぽちっとクリック応援☆ありがとうございます(*u.u*)

にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワーへ 


"花の妖精の癒し"Flower Fairy* 
HP

コメント
この記事へのコメント
おかえりなさい~
お疲れ様でした~~~!!

作品はいつものhanakoさんカラーと違って、コンテストのテーマをしっかり捉えた作品作りをされたんだなぁというのが伝わってきます。
すっごく素敵ですv-10

「フレッシュを知らずにプリザ・・」が主流となるかもしれない今の現状に危惧されたhanakoさんのお気持ちもよく理解できますよ。
なんだか便利さのみを追求している今の文化を象徴しているかのようにも感じられました。。

またゆっくりお話聞かせてくださいね!
本当にご入選おめでとうございます!
2008/04/21(月) 14:27:32 | URL | 花子 [ 編集]
hanakoさん
おつかれさまでした!
楽しかったですね。

横浜ディスプレイミュージアムに展示されることになったんですか!
私と別れた後のお話ですね。
すごーい!おめでとうございます。

hanakoさんとは、初対面とは思えないほど気が合って
楽しく過ごせて本当によかったです。
またいつかお会い出来る日を楽しみにしていま~す♪
2008/04/21(月) 17:41:48 | URL | Reiko [ 編集]
お疲れ様でした~。
作品、ブログでupされるのをとても楽しみにしていました~、とっても素敵ですぅe-420横浜ディスプレイミュージアムさんに展示されるなんて、本当すごいです。でもこの作品なら納得!!ですね。
そして、また深いお話を読ませていただき、私的にもう~~んという気持ちになりました。こんな言い方でごめんなさい。でも、私もプリを教えていますが、以前より、綺麗なお花を少しでも長く見ていたいという、人間の欲から生み出されたものではないのか!?との思いもあります。でも、プリを見て喜んでいただける方がいることも事実ですし、プリはプリの存在する意味があるはずではないかと。今はこの様な考えしか思いつきませんが。
2008/04/21(月) 22:17:40 | URL | 花おり [ 編集]
花子さん

応援ありがとうございました。
コンテストとは特殊な世界なんですね。皆さんの熱気に負けそ~でしたe-78
とにかくいい経験をさせていただき、ありがたく思っています。
花談義も賛否両論あると思いますが、プリザを心から愛しているからこそ危惧している言葉として受け止めていただけたらと思っています。
2008/04/22(火) 10:52:16 | URL | hanako [ 編集]
Reikoさん

本当に楽しかったですね♪
ネットで知り合った花友さんとお会いしたのは初めてでしたが、やっぱり花でこれだけ盛り上がるものなんですね~e-317
本当にこれからもよろしくお願いいたします!
横浜ディスプレイミュージアム、最後にこんなおまけがついてくるとは、私もしぶといな~(笑)
あのモダンガールもお嫁先が決まって、きっと喜んでいるに違いないと思っていますe-419
2008/04/22(火) 10:58:29 | URL | hanako [ 編集]
花おりさん

応援ありがとうございましたe-68
花おりさん、私はプリザが大好きなんですよ。
生花をされている方の中には、"プリザは花ではない"とまで言い切る人もいますが、前にブログでも生花、プリザ、ドライフラワーにはそれぞれいい面があるという事を花*こぼれ話のカテゴリーでも語った程なんです。
ただ最近のプリザを見ていると、ありえな花の向きや葉の使い方、裸ワイヤーが堂々と見えているものなど、花を知らない人が作っているんだと思えるものを多々見かけてしまうので、花というものを知ってから楽しんでほしいという事なんです。生花だと花の向きを反対にするとすぐに水が下がってしまう事で、よく理解する事ができますよね。でもプリザだと大袈裟に言うと逆さまにしても綺麗に咲いているので、便利な分怖いんです。
葉でも特にグラス系は表裏がわかりにくかったり、トクサの上下がわかっていなかったり、本来株立ちのものがバラバラに使われていたり、間違っていてもそれはそれなりに出来てしまう怖さがありますね。
花の先生方にお聞きすると生花では生徒が来ないと嘆いておられる先生もいらっしゃいました。
私は教室をしていないので、こんな事が言えるのかもしれませんが、口頭だけでも本来あるべき植物の植生を教えてあげられるような先生になれたらいいなと思っています。
自然にさからった形というのは、どこかしっくりこないもの。わかった上で、あえて逆に使うというのはありだと思いますが、知識もなくすると困ったことになります。
色々意見もあると思いますが、私はこのように考えているんですよ。
これからも喜んでくださる生徒さんに、いいお花を教えてあげてくださいね。困惑させてしまってごめんなさいねe-466
2008/04/22(火) 11:32:30 | URL | hanako [ 編集]
私の方こそ、何だかhanakoさんに失礼なことを言ってしまったのではないかと昨晩より気になってしまってましたぁ。今日もプリの自宅でのレッスンがあり、はやり単純に花が好き・人が好きという気持ちでいっぱい、お花を通していろんな方との触れ合いが出来たら・・・、今はそんな感じですかね(笑)
でも、また今日hanakoさんのお返事を読ませていただいて、なるほどって思いました。確かに、大袈裟な言い方をすればプリは何でもありなアレンジが可能ですよね。でも、基本を知らずして何でも崩すことは出来ないと私も感じます。その様な考えでいくと、私もちゃんとお花を勉強しなくてはと思いました。本当未熟者ですみません。お互いプリが好きというのは一緒ですものね。よろしくお願いします。そして、良いレッスンを提供できる様日々精進いたします!!
2008/04/22(火) 22:39:53 | URL | 花おり [ 編集]
花おりさん

いいえ~!
花が好きっていう想いが一番大切ですよね。
花に対しては、それぞれの考え方があるので、あまり気にしないでくださいね♪
私もまだまだe-78なので、日々精進いたします。
一緒にがんばりましょうe-271
2008/04/23(水) 17:57:28 | URL | hanako [ 編集]
hanakoさん、お疲れ様でした~♪
hanakoさんの作品、もぉしげしげと見つめてしまいました!
モダンガール、名前もぴったり!

生花とプリザについては、いろいろな捉え方がありますよね。
私もhanakoさんのおっしゃること、うんうんと大きくうなずきながら読ませていただきました。
生花ではできないことがプリででき、プリでできないことが生花で表現できる、
それぞれに良さはありますよね。
私の生徒さんで、生花とプリと両方のコースをやっている方がぽつりと
「いつか枯れてしまうけど、やっぱり生花の方がいいです。」とおっしゃってましたっけ。
2008/04/24(木) 14:15:44 | URL | hanamoyo [ 編集]
hanamoyoさん

応援ありがとうございました。
プリザは、これから花としてではなくアート素材の一つとして、使われていくようになるのかもしれませんね。
私としては寂しいのですが、住み分けていくのも一つの道なのかもしれません。
とはいえ、私はプリザを花だと思っているので、これからも変わりなく自分の花を表現していきたいと思っていますe-420
がんばりますね~!!
2008/04/25(金) 15:06:38 | URL | hanako [ 編集]
すごいです!!!!!!
お帰りなさい!
コメント遅れてしまってすみませんでした。。。
hanakoさんの作品、とーってもステキです!改めて感動してしまいました。
そしてhaankoさんのお花に対する想いもすごく感銘を受けました。
こうしてhaankoさんの文章を読んでると、私が今まで言葉にできなかった部分を示してくれたような、そんな気になってしまいました。
これからも応援させてください!
2008/05/04(日) 00:45:59 | URL | Yocco [ 編集]
Yococoさん

コメント、ありがとうございますe-68

花に対しては、自分でもびっくりするくらい情熱的な所があって、家族からオタク扱いされているんですよ(笑)
こんな気持ち、花好きの人にしかわからないですよね~e-343

お互い、がんばりましょうね!
2008/05/04(日) 18:57:16 | URL | hanako [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ffairy.blog115.fc2.com/tb.php/89-37fe313a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。